SKE48・チームS新公演「重ねた足跡」の感想「SKEの結晶、珠理奈の魂と理沙子の輝き」

Pocket
LINEで送る

・SKE48・チームS新公演「重ねた足跡」はSKEの結晶

2016年6月18日の第8回AKB選抜総選挙を控えた6月14日、SKE48のチームSによる約2年ぶりの新公演「重ねた足跡」が披露されました。
48グループではチーム毎の新公演においては過去の公演をリバイバルするのが定番でした。

2016年6月から始まるチームS公演は過去の名曲を織り交ぜながらの半オリジナル公演。

セットリストはシングル曲やそのカップリングが多い、いわゆる大きな箱でのコンサートに近い。

新しい公演「重ねた足跡」、感想は人によってそれぞれでしょう。

新公演はSKEが重ねてきた足跡をまとめたSKEの結晶だと感じました。




・セットリストは出し惜しみなし!SKEのピンチを打破する魂がこもっている

「重ねた足跡」のセットリストは出し惜しみなしです。
まずは、ざっと確認してみましょう。
M1 Gonna jump
M2 手をつなぎながら
M3 Innocence
M4 強がり時計
M5 赤いピンヒールとプロフェッサー (松井珠理奈、北川綾巴)
M6 素敵な罪悪感(二村春香、都築里佳、山内鈴蘭)
M7 眼差しサヨナラ(東李苑、矢方美紀)
M8 愛のルール(竹内舞、大矢真那、犬塚あさな、宮前杏実)
M9 コップの中の木漏れ日(松井珠理奈、北川綾巴、松本慈子、後藤理沙子、野口由芽、野島樺乃、山田樹奈)
M10 メドレー
1.Escape
2.Darkness
3.Escape
4.GALAXY of DREAMS
5.Dirty
6.Escape
7.世界が泣いてるなら
8.チキンLINE
9.Escape
M11 オキドキ
M12 パレオはエメラルド
M13 不器用太陽
EN1 放課後レース
EN2 チームS推し
EN3 僕は知っている




重厚なセットリストですね。
シングル曲、コンサートの定番曲などがふんだんに盛り込まれた全国ツアー用のセットリストに見えます。
劇場公演のセットリストにはもっとこだわりのある尖った曲が欲しい、との声はあります。
でも、私はこの大箱用のセットリストで良いと思います。
序盤の盛り上がり、中盤のユニットも人気曲、メドレーはこれでもかのダンスナンバー、終盤は超定番の曲たち。
SKEの柱のチームSのセットリストはこれで良い。
珠理奈が言うように「SKEはピンチ」。SKEだけでなく48グループは人気が落ち込む危機を迎えています。
出し惜しみをしている余裕はない。
「チームSはこれなんだ」、「SKEはこれなんだ」というセットリストが必要です。

・ダンスメドレーはSKEの結晶

特徴的なのは10曲目のメドレーです。
過去にはSKE48のチームKⅡの初めてのオリジナル公演「ラムネの飲み方公演」でもあったメドレー集ですね。
「Escape」を何度も繰り返しながら、ダンスが激しい曲を間に挟む。
みきてぃー、鈴蘭、りかちゅう、まいまいのダンス好きのメンバーが映えます。
特にみきてぃーは一つ一つのダンスが丁寧。
流しがちな手の動きとかもキッチリとめりはりが付いている。
ダンスメドレーが終わった後の、珠理奈とみきてぃーとリオンの挨拶で声が荒れているのが激しさを現していますね。

・珠理奈の魂が輝き過ぎ

新公演は全体的に珠理奈色の強い曲が多い。
当然に珠理奈が輝きます。
ダンスメドレーでの珠理奈の魂の輝きは凄まじい。
珠理奈が本当に楽しそうに公演をしている。
珠理奈がこんなにも楽しそうにパフォーマンスをしているのは久しぶりに見えます。
もしかしたら、珠理奈は玲奈の卒業後の「玲奈ロス」を、この日に吹っ切ったのかもしれない。
アンコールでの「チームS推し」ではオリエンタルラジオのパーフェクトヒューマンの振りをやるなどノリノリです(まいまいもやってたかな)。
珠理奈はAKBのチームB、SKEのチームE的なノリの場所にはいなかった気がします。
珠理奈にとって新しいチーム、矢方チームSは初めて気軽に騒げる場所になるのかもしれません。

・後藤理沙子の輝きが半端ない


6月14日に披露されたチームSの「重ねた足跡」。
これを見て、私は後藤理沙子に総選挙で一票入れました。
とにかく理沙子の輝きが半端ない。
珠理奈やみきてぃー、りょうはやリオンは輝いています。
それにも負けじと、いや凌駕しそうな勢いで理沙子が輝いている
ダンスのキレ、生き生きとした表情、正の感情のみをまとった理沙子の美しい姿。
後藤理沙子、何度目かわからないほどの覚醒である。
ごりさこと後藤理沙子は黄金世代と呼ばれたSKE3期生で、SKEの活動期間はもう7年近くになります。
ごりさがSKEに入った当時は中学生で人間的な若さはありました。
「自分は推されじゃないから」なんてことを言って拗ねていた時期もあった。
それから、理沙子は成長したんですね。
巣立つひな鳥を見る親鳥の心境になりましたよ。




・珠理奈がいない時の新公演、僕は知っている

おそらく珠理奈は毎回は公演に出られません。
SKEの顔である珠理奈が全国放送のテレビドラマの主演など外仕事が忙しくて公演に出られない。
それはSKEにとって良いことです。
珠理奈色が強いセットリストだけに、他のメンバーがどう演じるか。
きっと大丈夫でしょう。
ベテランになったみきてぃー、理沙子がいる。
他のメンバーにとっても珠理奈がいない時の公演はファンを獲得するチャンスそのもの。
最後の新公演の曲「僕は知っている」のようにSKEファンは知っている。
この公演は必ず成功して、大きくなっていく。
2016年6月16日

Pocket
LINEで送る